それは美肌に欠かせないでしょう

「ポリフェノール」ってきくと、それは美肌に欠かせないでしょうって思いますよね。

際立つ特徴としては、抗酸化作用があります。

体にとってはあまりよくない活性酸素の働きを抑制して、紫外線トラブルを予防したり、いつの間にかできていたシミを改善してくれます。

いいこと尽くしの効果が期待できるポリフェノールですけれども、その効果は約4時間と短時間しかありません。

ですから、美肌のためにいいタイミングで摂取するのがオススメです。

肌のくすみを改善したい方はスキンケアの第一歩である洗顔を見直すことが必要かもしれないです。

メイクでもなかなか隠せない毛穴にたまった角栓がくすみの原因なのです。

生活リズムの乱れなど、お肌の新陳代謝を妨げると、肌の上に古い角質が残っていってしまうのです。

正しい洗顔方法はぬるま湯を使用して、洗顔料は肌のうるおいに欠かせない保湿成分の入ったものできめ細かい泡を立てて洗います。

ピーリング石けんというものあるので、週一回程度使用するとくすみを除去するにはとても効果があります。

一時は大ブームとなったガングロですが、今再びブームが起こりそうな気配です。

一種の主張として浸透し始めた感もありますが、心配なのはお肌のシミです。

それぞれ違いがあるとは思いますが、ガングロをやめた後は普通よりもたくさんのシミが現れている傾向にあります。

年齢は肌に出ます。

顏はメイクでごまかしも効きますが、肌はそうはいきません。

パッと見てよくわかりやすいのは目の下です。

ここはシワも多くなるし、大きなクマも出ますので、年齢あがるにつれ、この部分について悩む人は増えていくそうです。

肌の健康のバロメーター、大事なハリやツヤが年齢を重ねるに従って失われていくと、肌はしぼんでシワとなります。

顏限定で見ていきますが、シワの悩みで多い部位は目の周り、特に目尻や目の下あたり、それから眉間とほうれい線といったところでしょうか。

かゆみのある時に肌を強く掻いてしまったり、風邪の時に何度も鼻をかんだりしていると、そういったことでも肌は薄くなっていくそうです。

というのも、肌の一番外側に位置する表皮は薄い層の重なりで、傷ついたり摩擦を受けることで、その薄い層が削られていくわけです。

皮膚のバリアの役目がある表皮が減って薄くなると、その下の真皮にも損傷が及ぶ可能性が大きくなってくるのです。

こうして真皮までもがダメージを受けて、その為に肌を支える機能が落ちてしまい、それでシワやたるみが起こるのです。

たくさんのシミが肌にあると、どうしても実年齢より老けて見られがちですよね。

加齢に伴って、肌が健康を取り戻すのに時間がかかるようになり、少しの日焼けでも大きなダメージとなってしまうので、日焼け対策は怠ってはいけません。

帽子、または日焼け止めなどで紫外線を防ぐのはもちろん、ビタミンCの多い野菜や果物を、意欲的に摂りましょう。

すっかり肌のハリがなくなって、シミも増えた気がする、なんて鏡の中の顔をつくづく見ながら思うようになったら、欠かさず毎日食べている、食事の内容を見直し、変えてみることをおすすめします。

毎日摂る食事を変えると、肌の状態がずいぶん変化していきます。

それによりシワ、シミなどの肌トラブルの改善も期待できます。

毎日食べる食事の質が、私たちの身体の質を決めるのです。

自分の食べる物を自分でしっかりコントロールするこの方法は、思い立った時に始められるアンチエイジングだといえるのかもしれません。

その効果は、肌にはっきりと表れることでしょう。

つい最近の話ですが、スキンケア中にちょっとした発見がありました。

充分に保湿された肌は柔らかく、柔らかい肌にはしわがあまりできないのではないか、ということです。

目尻にできてしまった笑いじわや、口の両端のほうれい線がこれは仕方がない、と半分あきらめつつ、気になっていたわけですが、周りでちょっと評判のいい、炭酸パックをやり始めて、なんとなくですが、肌の柔らかさを感じられるようになったあたりからしわがあまり目立たなくなってきたように思います。

炭酸パックがしわに効いたのかもしれないと勝手に思っています。

小麦色の肌は健康的で美しいイメージを相手に与えられるものですが、日焼けしたら、その後にシミができそうで不安という悩ましい一面があります。

もし、シミとは無縁でいたいなら、極力日焼けをしないようにするしかありません。

これ以上シミを増やさないために重要な事は、日焼け止めを入念に塗ること、あと、自宅に着いたらローションなどで炎症を軽減させる事が重要です。

女性が妊娠、出産を経てしばらくの間はそれまでの身体の状態と大きく変化します。

特にホルモンバランスは激変しますから、様々なトラブルが起こるようです。

シワ、肌荒れ等の肌トラブルもよく見られ、かゆみも出て気にしている女性も多くいるようです。

妊娠継続中ずっと続いていたプロゲステロン、エストロゲンといった女性ホルモンの分泌が出産を終えると急激に減ってしまって、これに加えてストレスの影響もあり、肌のバリア機能が弱って簡単に乾燥します。

それに、敏感肌になる人も多いようですから、できれば無添加で低刺激の基礎化粧品を使って何よりも保湿を重視したスキンケアを続けましょう。

ビューティーオープナーによる口コミでもホルモンのバランスは出産後半年ほどで元に戻るとされています。

 

 

冷えを改善させることも大事

たくさんの女性が「自分のことを冷え性だと感じている」というデータがあります。

冷えは妊活や母乳の出には禁物で、こういった冷えを改善させることも大事な妊活の一環です。

ということで、腹巻や冷え取り靴下をおすすめします。

これらは冷えの解消や母乳や育乳に効果があります。

こういったものを使って以来、本当に赤ちゃんが出来たという声も少なからずあり、簡便な方法であるにもかかわらず効果もある妊活だと思われます。

特別に葉酸を添加した食品は目立つところに特定保健用食品のマークがあるはずです。

消費者庁の認可を受けていることを示すマークで、それぞれきちんと審査を行い、認可を受けた食品に限り、特定保健用食品の名称、それに、マークの使用を認めるのです。

食品に特定保健用食品のマークがあれば、公の認可を得ている特定保健用食品の明示になっており、食品で葉酸を多く摂りたいと思うときにも判断の目安として役立つものです。

妊活で大切なこと、それは基礎体温の測定です。

きちんと基礎体温を測定することによって身体の状態の把握が可能で、現在、妊娠しやすいのかそうでないのか、妊娠の可能性の有無や、排卵日の大体の予測など重要なデータを把握できるのです。

詳しく説明しますと、基礎体温とは、朝起きてすぐ体温測定を行うことでわかり、起床後すぐに測るのがポイントです。

葉酸というビタミンは、赤ちゃんの健康のため妊娠初期から継続して、毎日欠かさず摂ることが大事な栄養素です。

数え切れないくらいのメーカーで主要成分として葉酸が入ったものを販売していますが、必ず行って欲しいのは、購入時に配合されている成分を全て確認することです。

身体が特にデリケートになっている妊娠初期には、できるだけ無添加無香料の体に害を及ぼさない製品にしましょう。

葉酸は、胎児が母体内で順調に発育するために積極的に摂って、必要量を確保しなければならないと最近よく耳にしますが、元々の性質が、熱に弱く、水に溶けやすいので必要な量の葉酸を摂るためには、食事だけではどうしても難しくなってしまいます。

水や熱によって失われる葉酸を減らせるような調理法を知ることも大事だと思いますし、補充のためにサプリメントなどを活用することも積極的に考えていきましょう。

流産や胎児の先天性異常との関係も指摘されており、妊活中の段階から十分な摂取が求められている葉酸についてですが、サプリメントを飲んだ時の効果は簡易的な血液検査で分かります。

さらに言えば、この葉酸以外にも注目すべき成分値にビタミンB12があるのです。

なぜなら、ビタミンB12は葉酸と関係があって、葉酸の過剰摂取のせいで、ビタミンB12が欠乏しても目立ちにくいといったケースがあるようですから、ビタミンB12のチェックも怠らないようにしましょう。

妊活を行っている時は普段以上に注意したいのは、ストレスを溜めないようにすることです。

ストレスによる筋肉の緊張は、体内の血の巡りが悪くなってしまいます。

そうなると当然、妊娠に重要な、卵巣や子宮の働きが落ちます。

あなたが仕事をしている女性で強いストレスを感じていて、生活も不規則であるならば、思い切って休職の申請を出すことも考えてみた方がいいのではないでしょうか。

妊娠がわかってから、妻は葉酸のサプリを飲むようになりました。

正直、自分には関係ない話だと思っていましたがあるとき、妻に自分が飲んでも良いものなのか尋ねると「男の人にはもっと良いサプリがあるんじゃないの」という意見でした。

男性にもきっと良い効果があるのではないかと妻には内緒で葉酸サプリを試してみました。

劇的な変化はありませんが、お酒が翌日以降も残ることがなくなって、口内炎に悩まされることが少なくなった気がします。

大抵の場合、妊活と言いますと、実際に妊娠する女性ががんばることだというイメージがあるかもしれませんが、本当なら、夫婦二人にとって、妊活は女の人だけではなく、男の人も行うものです。

そこで具体的に、男性ができる妊活、日々の食生活の見直しについて説明していきます。

妊活中の男性が摂るべき栄養素として、挙げられるものとしては、亜鉛、アミノ酸の一種のアルギニン、ビタミンE、ビタミンB群などといったものがあります。

毎日の食事にこういったものを導入することを意識して、さらに妊活の効果を上げていきましょう。

病院で妊娠の診断が出れば葉酸を意識して摂らなければなりません。

葉酸が不足しないようにすることで、胎児の発育は促されますし、母体の健康を維持するためにも大事な栄養素だと言えます。

他のビタミンもそうですが、葉酸は食事だけでは毎日きちんと摂ることが難しいものです。

すくすく母乳の泉 効果だけじゃなく食事だけで摂ろうと考えるより必要に応じてサプリメントなども使った方が良いのです。

 

 

そこがシミになる時があります

炎症が肌にありますと、そこがシミになる時があります。

例えば、ちょっとした外出における日焼けです。

熱でヒリヒリしてしまうときは、痛まないときでも本当は軽い炎症がお肌に起きているでしょう。

健康肌の秘訣とは、日焼けをしないことなのかもしれません。

45歳美魔女などもいる日本ですが、一般的には38歳から42歳頃に肌に年齢を感じるのではないでしょうか。

いままでと同じような髪型や色が合わなくなってくるなど、本人にも自覚できる兆候はあるのだそうです。

加齢によって疲労がその日のうちにとれず、持ち越すようになり、朝から目の下にクマがあったり、額や目尻のシワが目立ってくるからでしょう。

それはもう明らかにアラサーとは違う感じで、たとえば若い頃なら肌が荒れても疲れていても大人なりの保湿優先のスキンケアを行ってバッチリ回復させてきましたが、アラフォーになってからは復活マジックの効果が薄れてきてしまい、良くなってもすぐ元の状態に戻ってしまうことが多いのです。

抜本的な解決策が必要ですよね。

アレルギーや湿疹などで引掻きすぎたり、強すぎる洗顔を行っていると、表層が剥がれて薄くなります。

再生してもまだ新しいので、とても脆く傷つきやすいです。

肌を保護する層が薄くなると水分が失われるだけでなく、わかっていて何もしないでいると表皮のバリア機能を害し、皮膚細胞の再生を担う基底層や真皮にまで強く影響が表れるようになります。

具体的には、リフト機能が弱まってしまい、皺のもとになる緩みが生じて老けた表情になってしまうのです。

きめ細かい肌のきめを漢字で書くと肌理となります。

肌表面の模様が整然としている様子を表しています。

なめらかな肌やハリのある肌というのは皮膚の模様や溝が小さく浅いうえ均一になっています。

紫外線や乾燥などの外部刺激にさらされがちな部分は模様が遠目にわかるほど大きかったり、不規則に伸びているはずです。

表皮は短いサイクルで再生を繰り返していますが、それが極端に弱まるので、肌の土台そのものが傷んでくるのは避けられません。

土台が脆弱になると肌を支えられなくなり、当然の結果として「しわ」が出てくるのです。

特に三十代と四十代の女性が頭を悩ませるお肌のトラブルのひとつに、「肝斑」が挙げられます。

両目の目じりの下の頬よりのあたりにまるでクマのようにできてしまうシミのことをいいます。

女性ホルモンが何らかの形で肝斑の原因となっているのではないかと疑われていて、肝臓に病変があるからといった理由ではないようです。

目下、肝斑に効く飲み薬とされているのが、トラネキサム酸で、内服薬というかたちで、大手化粧品メーカーとか製薬会社によって開発、発売されているのです。

一般的なシミ改善方法として様々な方法があるかと思いますが、肝斑に対しては有効ではありません。

シミと言えば、お肌の悩みの一つと言えます。

年を取ったり、紫外線を浴びるなどの影響で肌にメラニン色素が沈着するからであって、シミがあると、実際の年齢より上に老けている悪印象を持たせています。

シミが顔にできてしまったらものすごく気になってしまいますが、シミを防ぐのは毎日のスキンケアで充分可能ですし、生成されてしまったメラニン色素を減らすこともできるのです。

コーヒー、紅茶、緑茶といった飲み物に入っているカフェインは、お肌にシミをつくる原因になると言われているのです。

シミを様々な範囲に広げてしまったり、カフェインをずっと摂り続けていると色素沈着しやすい体質になりやすいのです。

さらに、緑茶のタンニンも肌のシミにとって良くない働きをする成分ですし、シミで困っている方は飲み過ぎないようご注意ください。

肌のエイジングケアの大敵である乾燥。

真夏のエアコンや冬の外気はもちろん、季節の変わり目には気をつけている人は多いようです。

顔の中でも皮脂の分泌が極度に少ないのが目の周囲ですが、乾燥の影響を直接受けてシミやシワが出やすいですし、まぶたから目尻のあちこちが小さく切れたりすることもあります。

きちんと手入れしているつもりでも、まだケアが足りないと考えたほうが良いでしょう。

肌は水分と脂質のバランスで健康を保っていますから、普段のスキンケアにオイルトリートメントをぜひ試してみてください。

肌に浸透して肌をふっくらさせるタイプ、肌の上でバリヤーになって水分を保持するタイプがありますから、肌と相性の良いものを使用するようにしてください。

シワ予備軍(肌の部分的乾燥)は普段から存在しています。

気づいたらシワが出来ていたなんてことにならないよう、パックをして充分いたわってあげることも必要でしょう。

パックをして何もしないでいる時間というのは気持ちのリセットにも有効です。

どなたにも合うものとしてオススメしたいのはヨーグルトパックです。

ヨーグルトの上の透明な液(ホエー)だけでも良いのですが渇くと突っ張るので、ヨーグルトを丸ごと使います。

こすらないように注意しつつ肌に広げていき、数分したら水で洗い流します。

含まれている天然の美容成分が肌の調子を整え、シワ予備軍に的確に作用します。

小麦粉を入れるとパックらしくなりますが、皮脂を除去する力が強いのであまりオススメしていません。

トワエッセの良い口コミによると、一旦できてしまったお肌のシミは、容易に消せるものでは無いと思っている方もいらっしゃいますが、シミが改善しにくいのは、家庭のスキンケアに限った話であり、専門の機器を使った話ではありません。

レーザーなど、美容クリニックで「治療」をしてもらえば簡単に消すことが出来るのです。

ただ、費用が必要になりますし、治療後のお手入れがかかせませんが、ずっとシミに悩んで気持ちを落ち込ませるくらいなら施術を受けてみても良いのではないでしょうか。

 

 

水分補給は必要です

一日に2リットルの水を飲むと全身の健康を保ってくれるでしょう。

もちろん、お肌にも水分補給は必要です。

水分不足はお肌の血行を悪くし、老廃物が排出されないため、くすみやシミを引き起こしてしまいます。

それに加えて、肌全体が乾燥してしまい、お顔にシワやほうれい線も目立つ結果になるので、日頃から意識して水分を摂るようにしましょう。

シワの原因をご存知でしょうか。

これはいくつもあるのですが、一番大きな原因と考えられているのが、乾燥でしょう。

肌の水分が足りなくなって、乾燥して皮膚にシワが刻まれていくことになるのです。

例えば目じりですが、ここは皮脂の分泌が少ない部分となっており他よりも乾燥に影響されやすいパーツであり、こうしてこの場所にいち早く、小ジワが出現してしまうのです。

それから、加齢に伴ってコラーゲンやヒアルロン酸といった、皮膚の張りを保つための成分が減少の一途をたどるばかりですから、シワ、たるみは加齢によっても増えていくわけです。

肌が薄いとされる人の場合、シワが作られやすいようになっているという話を、聞いたことはないでしょうか。

もし、自分はシワができやすいかも、と疑っている人は肌の自己チェックをしてみましょう。

肌のそこかしこで血管が透けて見えているような人は、薄いタイプだと自覚しておいて良いでしょう。

皮膚が薄いとどうしてシワができやすいかというとその薄さで、物理的に水分を蓄えておけません。

それで、肌のハリが失われ、結果シワが目立つことになります。

そして、年齢を重ねるに従って肌は薄くなるため、いつも肌の様子を気にかけておきましょう。

ここ数年間のことですが、肌のしわのことが気になってきて、仕方がありません。

中でも特に問題視しているのは目尻に発生する笑いじわで、鳥の足跡みたいな形のしわです。

目の周りにある皮膚は薄くてしわもできやすいですから、スキンケアもしっかり施しているわけですが、皮膚が薄いということは、乾燥に弱いということでもありますから、クリームを塗り重ねたりして、保湿にだけは手をかけるよう自分に言い聞かせています。

お肌のシミができるのは年齢によるものや紫外線もシミを作る原因の一つですけれど、時には病気が原因の可能性もあります。

万が一、突然シミが増えた気がするのであれば、疾患が起る前であったり、すでに疾患が進行している確率が高いため、できればすぐにクリニックへ診察を受けに行ってください。

顔を洗う際、石けんに重曹を混ぜて使用すると、肌の汚れがきれいになり、シミが薄くなったと口コミで話題のようですが、注意しないとお肌が傷ついてしまう危険性もあります。

精製のレベルによって重曹は、掃除、食品、薬品などの用途に分けられます。

食用の重曹でも顔を洗うには粒子が荒いため、ゴシゴシ洗わないよう気を付けましょう。

洗顔後は化粧水などでお肌をケアし、たっぷりと潤いを与えてください。

お肌を見れば、肝臓の調子もわかります。

肝臓では、血液を通して体内に入った物質や産生された物質を代謝・分解することで、懸命に解毒をしているのです。

有害な物質を解毒しきれないと、有害物質は全身の血管を通して体内に回り、肌の調子を乱していくのです。

日頃から肝臓の調子に気を配ることがお肌の健康を維持するために欠かせない要素です。

肌のシミ対策に有効な飲み物と言えば、飲む美容液。

ローズヒップティーです。

同じくビタミンCが豊富なことで知られるレモンと比べ、約20倍越えのビタミンCを含んでいて、内側からメラニン色素ができないようにして、アンチエイジングの女王コラーゲンが活性化するというのですからシミやくすみの予防をし、透明感ある理想の肌へとなるでしょう。

サイクルプラスのレビューみたいに体の内側の酸化の対抗力にも優れていて、若い肌を取り戻すのにもいいですね。

 

 

肌のくすみにも影響する

紫外線やターンオーバーの乱れなどが、肌のくすみに影響するとも言われます。

不調がちなお肌の調子を整えるものとして、アロマオイルが例として挙げられます。

特に、新陳代謝を高め、ターンオーバーを促してくれるネロリや、血液循環の促進に効果のあるゼラニウムは、お肌のくすみを解消してくれます。

マッサージに利用するもよし、スチームを使う時に、数滴まぜて利用してみてはいかがでしょうか。

お肌にとって意外と危ないのは、過酷な夏が終わってホッと油断している秋口から冬、それと季節の変わり目で、この時期、お肌の乾燥注意報が心の中で鳴り響いています。

気を付けていないと、いつのまにか目の周りはひどいちりめんジワで覆われていますし、荒れて赤くなったりすることもあります。

こんな乾燥注意な時期、大事な肌を守るためのスキンケアは細心の注意を払って行なっているわけですが、顔の赤みを消す化粧水や乳液でのケアだけでなく、とうとう美容オイルも以前から興味があったので使うことにしました。

オイルも調べるとなかなか奥が深くて、追及すると楽しそうですが最近では特にココナッツがいい感じで、続けて使ってみています。

肌は肝臓の窓だと言えます。

肝臓では、血液を通して体内に取り込まれた色々な物質を代謝・分解し、人体にとって無害な物質に変えていくのです。

肝臓の働きが阻害されると、老廃物・有害物質が再び全身の血管を流れ、お肌にたまると肌荒れやくすみの原因となります。

肝臓を健康に保つことが、きれいな血液、健康的な肌へと近づく重要なポイントです。

女性によっては顔にできてしまったシミでお悩みの方も少なからずいるはずです。

シミ改善に効果的な食べ物として、はちみつを紹介しないわけにはいきません。

はちみつの含む成分により沈着してしまった色素を薄くする効果が望め肌トラブルであるシミやそばかすなどを目立たなくしてくれるのです。

顔にできたシミを気にされているのならはちみつを買ってみるというのも良い方法ですよ。

シミだらけのお肌になってしまったら、実年齢よりも年上に見られてしまうでしょう。

高齢になっていくにつれて、皮膚の回復力が弱化していき、日焼けに対して油断ができなくなりますから、肌のケア、特に日焼け対策は怠れません。

日差しを遮るような帽子、または日焼け止めなどでなるべく紫外線を浴びないようにし、それとともに、ビタミンCの多い野菜や果物を、意欲的に摂りましょう。

糖質を摂り過ぎるのはお肌のことを考えてください。

糖質の摂りすぎは、お肌のくすみを引き起こします。

糖分は体の中でタンパク質と反応しやすく、老化の進行を早める糖化産物を生じてしまいます。

コラーゲンと糖が結合して糖化産物が肌に増えると、黄ぐすみ状態になったり、シミやしわ、たるみが生じたりする事態になることもあるのです。

シミなどのお肌の悩みが年をとるとともに多くなっていくのは、嫌になってしまいますよね。

若者のピカピカの肌を見ると、輝くばかりにきれいで、化粧ノリの良さに羨望の眼差しで見てしまいます。

今この時からでも若い肌を保ち続ける努力をして、シミがこれ以上増えないようにするつもりです。

ご存知の通り、シミの要因は紫外線や老化といわれているので、UV対策とエイジングケアをしていこうと思います。

顔を洗う際、石けんに重曹を混ぜて使用すると、お肌の汚れがとれて、気になっていたシミも薄くなってきたという話がネットで広がっていますが、注意しないとお肌が傷ついてしまう危険性もあります。

重曹は精製の程度によって、掃除、食品、薬品などの用途に分けられます。

食品用の重曹であっても洗顔目的では粒子が荒いので、あまり力を入れて洗わないようにしましょう。

洗顔した後は、顔の赤みを消す化粧水などでしっかりお肌を整え、十分に保湿してください。

 

 

ブログカテゴリーを変えたりしました

正直なことをいうと、ブログについて趣味でずっと書いているって感じでした。

でも、最近投資についてお話をする人とかが増えてきたので、ブログをチェックしてくれる人も増えました。

なんとまぁ、それで相互リンクのお誘いとかも出てきてそういうことあるんだって思って遅ればせながら人とつながったりしています。

でも、相手はかなり金融資産も持っているしで年下さんなんですけど、勉強させてもらおうって感じですね。

何はともかく、今の自分にできることはせいいっぱいやろうと思っています。

相互リンクをそれで生まれてはじめてやったんですけど、そのときびっくりしたのがブログカテゴリーが全部表示されていなかったこと!

特に、読書記録はすごく書いていたので、それがカテゴリ表示されていないことを知ってびっくりしました。

これじゃ誰も見てくれないよねって話で、慌てて表示することに。

これで少しはアクセス数が伸びてくれるのでは?と期待しているところです。

今年は年末に入って結構投資の速度を加速させたりしたので、ブログも多くの人に見てもらえるようになるといいなって思っているところです。

2018年は犬が笑うらしいので、相場的には堅調に進むのかなぁ?なんて思っていたりもします。

とにかく投資もやりながら、日々の生活的にもどんどんやりたいことをやっていって、ブログの充実を2018年ははかりたいなって思ったりしています。

ブログからも収益があがるといいなと思う今日このごろです。

 

 

これからを考えて不安

これからの時代は理数系の知識が必要だとか、プログラミングができないとダメみたいな記事を読んで、私も勉強しないととあせって数学の本を読んで問題を解いたりしています(アラフォー)。

これが全然はかどりません。大人になってからの勉強は楽しいとかそんなのんきなことを言う気にはなれません。

今でも全然好きになれないです。これが何の役に立つんだ!と、学生時代と同じことを心の中で叫んでいます。

あのころもっと勉強しておけば・・とも思いませんけど。

頑張ってもきっと同じこと、という悲観的な結論です。テストの点が少しあがるくらいです。

プログラミングについては、大学生のころにプログラミングの基礎を教える講座を受講していたのですが、こちらはもっとできませんでした(泣)なのでこういう方面には進めないとあきらめました。

今のように子供たちにプログラミングを教えるような時代ではなかったです。

今だったらもうちょっとましだったかもしれません。

私が子供のころにはなかったことが、今の子供たちにとっての必須事項になり、もし私が今の子供だったら大変だろうなと思うことが多いです。

でも子供のころからなじんでいたら身につけることができたかもとも思います。

それか落ちこぼれていたか・・。

学生時代に勉強したけど全然ダメだったものとして、もうひとつは会計関連の資格があります。

数字を扱うのが向いていないのです。

できればこれらのものと無縁でいたいのですが、全然知らないせいで困ることになったらどうしようと不安です。