月別アーカイブ: 2018年1月

水分補給は必要です

一日に2リットルの水を飲むと全身の健康を保ってくれるでしょう。

もちろん、お肌にも水分補給は必要です。

水分不足はお肌の血行を悪くし、老廃物が排出されないため、くすみやシミを引き起こしてしまいます。

それに加えて、肌全体が乾燥してしまい、お顔にシワやほうれい線も目立つ結果になるので、日頃から意識して水分を摂るようにしましょう。

シワの原因をご存知でしょうか。

これはいくつもあるのですが、一番大きな原因と考えられているのが、乾燥でしょう。

肌の水分が足りなくなって、乾燥して皮膚にシワが刻まれていくことになるのです。

例えば目じりですが、ここは皮脂の分泌が少ない部分となっており他よりも乾燥に影響されやすいパーツであり、こうしてこの場所にいち早く、小ジワが出現してしまうのです。

それから、加齢に伴ってコラーゲンやヒアルロン酸といった、皮膚の張りを保つための成分が減少の一途をたどるばかりですから、シワ、たるみは加齢によっても増えていくわけです。

肌が薄いとされる人の場合、シワが作られやすいようになっているという話を、聞いたことはないでしょうか。

もし、自分はシワができやすいかも、と疑っている人は肌の自己チェックをしてみましょう。

肌のそこかしこで血管が透けて見えているような人は、薄いタイプだと自覚しておいて良いでしょう。

皮膚が薄いとどうしてシワができやすいかというとその薄さで、物理的に水分を蓄えておけません。

それで、肌のハリが失われ、結果シワが目立つことになります。

そして、年齢を重ねるに従って肌は薄くなるため、いつも肌の様子を気にかけておきましょう。

ここ数年間のことですが、肌のしわのことが気になってきて、仕方がありません。

中でも特に問題視しているのは目尻に発生する笑いじわで、鳥の足跡みたいな形のしわです。

目の周りにある皮膚は薄くてしわもできやすいですから、スキンケアもしっかり施しているわけですが、皮膚が薄いということは、乾燥に弱いということでもありますから、クリームを塗り重ねたりして、保湿にだけは手をかけるよう自分に言い聞かせています。

お肌のシミができるのは年齢によるものや紫外線もシミを作る原因の一つですけれど、時には病気が原因の可能性もあります。

万が一、突然シミが増えた気がするのであれば、疾患が起る前であったり、すでに疾患が進行している確率が高いため、できればすぐにクリニックへ診察を受けに行ってください。

顔を洗う際、石けんに重曹を混ぜて使用すると、肌の汚れがきれいになり、シミが薄くなったと口コミで話題のようですが、注意しないとお肌が傷ついてしまう危険性もあります。

精製のレベルによって重曹は、掃除、食品、薬品などの用途に分けられます。

食用の重曹でも顔を洗うには粒子が荒いため、ゴシゴシ洗わないよう気を付けましょう。

洗顔後は化粧水などでお肌をケアし、たっぷりと潤いを与えてください。

お肌を見れば、肝臓の調子もわかります。

肝臓では、血液を通して体内に入った物質や産生された物質を代謝・分解することで、懸命に解毒をしているのです。

有害な物質を解毒しきれないと、有害物質は全身の血管を通して体内に回り、肌の調子を乱していくのです。

日頃から肝臓の調子に気を配ることがお肌の健康を維持するために欠かせない要素です。

肌のシミ対策に有効な飲み物と言えば、飲む美容液。

ローズヒップティーです。

同じくビタミンCが豊富なことで知られるレモンと比べ、約20倍越えのビタミンCを含んでいて、内側からメラニン色素ができないようにして、アンチエイジングの女王コラーゲンが活性化するというのですからシミやくすみの予防をし、透明感ある理想の肌へとなるでしょう。

サイクルプラスのレビューみたいに体の内側の酸化の対抗力にも優れていて、若い肌を取り戻すのにもいいですね。

 

 

肌のくすみにも影響する

紫外線やターンオーバーの乱れなどが、肌のくすみに影響するとも言われます。

不調がちなお肌の調子を整えるものとして、アロマオイルが例として挙げられます。

特に、新陳代謝を高め、ターンオーバーを促してくれるネロリや、血液循環の促進に効果のあるゼラニウムは、お肌のくすみを解消してくれます。

マッサージに利用するもよし、スチームを使う時に、数滴まぜて利用してみてはいかがでしょうか。

お肌にとって意外と危ないのは、過酷な夏が終わってホッと油断している秋口から冬、それと季節の変わり目で、この時期、お肌の乾燥注意報が心の中で鳴り響いています。

気を付けていないと、いつのまにか目の周りはひどいちりめんジワで覆われていますし、荒れて赤くなったりすることもあります。

こんな乾燥注意な時期、大事な肌を守るためのスキンケアは細心の注意を払って行なっているわけですが、顔の赤みを消す化粧水や乳液でのケアだけでなく、とうとう美容オイルも以前から興味があったので使うことにしました。

オイルも調べるとなかなか奥が深くて、追及すると楽しそうですが最近では特にココナッツがいい感じで、続けて使ってみています。

肌は肝臓の窓だと言えます。

肝臓では、血液を通して体内に取り込まれた色々な物質を代謝・分解し、人体にとって無害な物質に変えていくのです。

肝臓の働きが阻害されると、老廃物・有害物質が再び全身の血管を流れ、お肌にたまると肌荒れやくすみの原因となります。

肝臓を健康に保つことが、きれいな血液、健康的な肌へと近づく重要なポイントです。

女性によっては顔にできてしまったシミでお悩みの方も少なからずいるはずです。

シミ改善に効果的な食べ物として、はちみつを紹介しないわけにはいきません。

はちみつの含む成分により沈着してしまった色素を薄くする効果が望め肌トラブルであるシミやそばかすなどを目立たなくしてくれるのです。

顔にできたシミを気にされているのならはちみつを買ってみるというのも良い方法ですよ。

シミだらけのお肌になってしまったら、実年齢よりも年上に見られてしまうでしょう。

高齢になっていくにつれて、皮膚の回復力が弱化していき、日焼けに対して油断ができなくなりますから、肌のケア、特に日焼け対策は怠れません。

日差しを遮るような帽子、または日焼け止めなどでなるべく紫外線を浴びないようにし、それとともに、ビタミンCの多い野菜や果物を、意欲的に摂りましょう。

糖質を摂り過ぎるのはお肌のことを考えてください。

糖質の摂りすぎは、お肌のくすみを引き起こします。

糖分は体の中でタンパク質と反応しやすく、老化の進行を早める糖化産物を生じてしまいます。

コラーゲンと糖が結合して糖化産物が肌に増えると、黄ぐすみ状態になったり、シミやしわ、たるみが生じたりする事態になることもあるのです。

シミなどのお肌の悩みが年をとるとともに多くなっていくのは、嫌になってしまいますよね。

若者のピカピカの肌を見ると、輝くばかりにきれいで、化粧ノリの良さに羨望の眼差しで見てしまいます。

今この時からでも若い肌を保ち続ける努力をして、シミがこれ以上増えないようにするつもりです。

ご存知の通り、シミの要因は紫外線や老化といわれているので、UV対策とエイジングケアをしていこうと思います。

顔を洗う際、石けんに重曹を混ぜて使用すると、お肌の汚れがとれて、気になっていたシミも薄くなってきたという話がネットで広がっていますが、注意しないとお肌が傷ついてしまう危険性もあります。

重曹は精製の程度によって、掃除、食品、薬品などの用途に分けられます。

食品用の重曹であっても洗顔目的では粒子が荒いので、あまり力を入れて洗わないようにしましょう。

洗顔した後は、顔の赤みを消す化粧水などでしっかりお肌を整え、十分に保湿してください。