月別アーカイブ: 2018年2月

そこがシミになる時があります

炎症が肌にありますと、そこがシミになる時があります。

例えば、ちょっとした外出における日焼けです。

熱でヒリヒリしてしまうときは、痛まないときでも本当は軽い炎症がお肌に起きているでしょう。

健康肌の秘訣とは、日焼けをしないことなのかもしれません。

45歳美魔女などもいる日本ですが、一般的には38歳から42歳頃に肌に年齢を感じるのではないでしょうか。

いままでと同じような髪型や色が合わなくなってくるなど、本人にも自覚できる兆候はあるのだそうです。

加齢によって疲労がその日のうちにとれず、持ち越すようになり、朝から目の下にクマがあったり、額や目尻のシワが目立ってくるからでしょう。

それはもう明らかにアラサーとは違う感じで、たとえば若い頃なら肌が荒れても疲れていても大人なりの保湿優先のスキンケアを行ってバッチリ回復させてきましたが、アラフォーになってからは復活マジックの効果が薄れてきてしまい、良くなってもすぐ元の状態に戻ってしまうことが多いのです。

抜本的な解決策が必要ですよね。

アレルギーや湿疹などで引掻きすぎたり、強すぎる洗顔を行っていると、表層が剥がれて薄くなります。

再生してもまだ新しいので、とても脆く傷つきやすいです。

肌を保護する層が薄くなると水分が失われるだけでなく、わかっていて何もしないでいると表皮のバリア機能を害し、皮膚細胞の再生を担う基底層や真皮にまで強く影響が表れるようになります。

具体的には、リフト機能が弱まってしまい、皺のもとになる緩みが生じて老けた表情になってしまうのです。

きめ細かい肌のきめを漢字で書くと肌理となります。

肌表面の模様が整然としている様子を表しています。

なめらかな肌やハリのある肌というのは皮膚の模様や溝が小さく浅いうえ均一になっています。

紫外線や乾燥などの外部刺激にさらされがちな部分は模様が遠目にわかるほど大きかったり、不規則に伸びているはずです。

表皮は短いサイクルで再生を繰り返していますが、それが極端に弱まるので、肌の土台そのものが傷んでくるのは避けられません。

土台が脆弱になると肌を支えられなくなり、当然の結果として「しわ」が出てくるのです。

特に三十代と四十代の女性が頭を悩ませるお肌のトラブルのひとつに、「肝斑」が挙げられます。

両目の目じりの下の頬よりのあたりにまるでクマのようにできてしまうシミのことをいいます。

女性ホルモンが何らかの形で肝斑の原因となっているのではないかと疑われていて、肝臓に病変があるからといった理由ではないようです。

目下、肝斑に効く飲み薬とされているのが、トラネキサム酸で、内服薬というかたちで、大手化粧品メーカーとか製薬会社によって開発、発売されているのです。

一般的なシミ改善方法として様々な方法があるかと思いますが、肝斑に対しては有効ではありません。

シミと言えば、お肌の悩みの一つと言えます。

年を取ったり、紫外線を浴びるなどの影響で肌にメラニン色素が沈着するからであって、シミがあると、実際の年齢より上に老けている悪印象を持たせています。

シミが顔にできてしまったらものすごく気になってしまいますが、シミを防ぐのは毎日のスキンケアで充分可能ですし、生成されてしまったメラニン色素を減らすこともできるのです。

コーヒー、紅茶、緑茶といった飲み物に入っているカフェインは、お肌にシミをつくる原因になると言われているのです。

シミを様々な範囲に広げてしまったり、カフェインをずっと摂り続けていると色素沈着しやすい体質になりやすいのです。

さらに、緑茶のタンニンも肌のシミにとって良くない働きをする成分ですし、シミで困っている方は飲み過ぎないようご注意ください。

肌のエイジングケアの大敵である乾燥。

真夏のエアコンや冬の外気はもちろん、季節の変わり目には気をつけている人は多いようです。

顔の中でも皮脂の分泌が極度に少ないのが目の周囲ですが、乾燥の影響を直接受けてシミやシワが出やすいですし、まぶたから目尻のあちこちが小さく切れたりすることもあります。

きちんと手入れしているつもりでも、まだケアが足りないと考えたほうが良いでしょう。

肌は水分と脂質のバランスで健康を保っていますから、普段のスキンケアにオイルトリートメントをぜひ試してみてください。

肌に浸透して肌をふっくらさせるタイプ、肌の上でバリヤーになって水分を保持するタイプがありますから、肌と相性の良いものを使用するようにしてください。

シワ予備軍(肌の部分的乾燥)は普段から存在しています。

気づいたらシワが出来ていたなんてことにならないよう、パックをして充分いたわってあげることも必要でしょう。

パックをして何もしないでいる時間というのは気持ちのリセットにも有効です。

どなたにも合うものとしてオススメしたいのはヨーグルトパックです。

ヨーグルトの上の透明な液(ホエー)だけでも良いのですが渇くと突っ張るので、ヨーグルトを丸ごと使います。

こすらないように注意しつつ肌に広げていき、数分したら水で洗い流します。

含まれている天然の美容成分が肌の調子を整え、シワ予備軍に的確に作用します。

小麦粉を入れるとパックらしくなりますが、皮脂を除去する力が強いのであまりオススメしていません。

トワエッセの良い口コミによると、一旦できてしまったお肌のシミは、容易に消せるものでは無いと思っている方もいらっしゃいますが、シミが改善しにくいのは、家庭のスキンケアに限った話であり、専門の機器を使った話ではありません。

レーザーなど、美容クリニックで「治療」をしてもらえば簡単に消すことが出来るのです。

ただ、費用が必要になりますし、治療後のお手入れがかかせませんが、ずっとシミに悩んで気持ちを落ち込ませるくらいなら施術を受けてみても良いのではないでしょうか。