月別アーカイブ: 2018年5月

それは美肌に欠かせないでしょう

「ポリフェノール」ってきくと、それは美肌に欠かせないでしょうって思いますよね。

際立つ特徴としては、抗酸化作用があります。

体にとってはあまりよくない活性酸素の働きを抑制して、紫外線トラブルを予防したり、いつの間にかできていたシミを改善してくれます。

いいこと尽くしの効果が期待できるポリフェノールですけれども、その効果は約4時間と短時間しかありません。

ですから、美肌のためにいいタイミングで摂取するのがオススメです。

肌のくすみを改善したい方はスキンケアの第一歩である洗顔を見直すことが必要かもしれないです。

メイクでもなかなか隠せない毛穴にたまった角栓がくすみの原因なのです。

生活リズムの乱れなど、お肌の新陳代謝を妨げると、肌の上に古い角質が残っていってしまうのです。

正しい洗顔方法はぬるま湯を使用して、洗顔料は肌のうるおいに欠かせない保湿成分の入ったものできめ細かい泡を立てて洗います。

ピーリング石けんというものあるので、週一回程度使用するとくすみを除去するにはとても効果があります。

一時は大ブームとなったガングロですが、今再びブームが起こりそうな気配です。

一種の主張として浸透し始めた感もありますが、心配なのはお肌のシミです。

それぞれ違いがあるとは思いますが、ガングロをやめた後は普通よりもたくさんのシミが現れている傾向にあります。

年齢は肌に出ます。

顏はメイクでごまかしも効きますが、肌はそうはいきません。

パッと見てよくわかりやすいのは目の下です。

ここはシワも多くなるし、大きなクマも出ますので、年齢あがるにつれ、この部分について悩む人は増えていくそうです。

肌の健康のバロメーター、大事なハリやツヤが年齢を重ねるに従って失われていくと、肌はしぼんでシワとなります。

顏限定で見ていきますが、シワの悩みで多い部位は目の周り、特に目尻や目の下あたり、それから眉間とほうれい線といったところでしょうか。

かゆみのある時に肌を強く掻いてしまったり、風邪の時に何度も鼻をかんだりしていると、そういったことでも肌は薄くなっていくそうです。

というのも、肌の一番外側に位置する表皮は薄い層の重なりで、傷ついたり摩擦を受けることで、その薄い層が削られていくわけです。

皮膚のバリアの役目がある表皮が減って薄くなると、その下の真皮にも損傷が及ぶ可能性が大きくなってくるのです。

こうして真皮までもがダメージを受けて、その為に肌を支える機能が落ちてしまい、それでシワやたるみが起こるのです。

たくさんのシミが肌にあると、どうしても実年齢より老けて見られがちですよね。

加齢に伴って、肌が健康を取り戻すのに時間がかかるようになり、少しの日焼けでも大きなダメージとなってしまうので、日焼け対策は怠ってはいけません。

帽子、または日焼け止めなどで紫外線を防ぐのはもちろん、ビタミンCの多い野菜や果物を、意欲的に摂りましょう。

すっかり肌のハリがなくなって、シミも増えた気がする、なんて鏡の中の顔をつくづく見ながら思うようになったら、欠かさず毎日食べている、食事の内容を見直し、変えてみることをおすすめします。

毎日摂る食事を変えると、肌の状態がずいぶん変化していきます。

それによりシワ、シミなどの肌トラブルの改善も期待できます。

毎日食べる食事の質が、私たちの身体の質を決めるのです。

自分の食べる物を自分でしっかりコントロールするこの方法は、思い立った時に始められるアンチエイジングだといえるのかもしれません。

その効果は、肌にはっきりと表れることでしょう。

つい最近の話ですが、スキンケア中にちょっとした発見がありました。

充分に保湿された肌は柔らかく、柔らかい肌にはしわがあまりできないのではないか、ということです。

目尻にできてしまった笑いじわや、口の両端のほうれい線がこれは仕方がない、と半分あきらめつつ、気になっていたわけですが、周りでちょっと評判のいい、炭酸パックをやり始めて、なんとなくですが、肌の柔らかさを感じられるようになったあたりからしわがあまり目立たなくなってきたように思います。

炭酸パックがしわに効いたのかもしれないと勝手に思っています。

小麦色の肌は健康的で美しいイメージを相手に与えられるものですが、日焼けしたら、その後にシミができそうで不安という悩ましい一面があります。

もし、シミとは無縁でいたいなら、極力日焼けをしないようにするしかありません。

これ以上シミを増やさないために重要な事は、日焼け止めを入念に塗ること、あと、自宅に着いたらローションなどで炎症を軽減させる事が重要です。

女性が妊娠、出産を経てしばらくの間はそれまでの身体の状態と大きく変化します。

特にホルモンバランスは激変しますから、様々なトラブルが起こるようです。

シワ、肌荒れ等の肌トラブルもよく見られ、かゆみも出て気にしている女性も多くいるようです。

妊娠継続中ずっと続いていたプロゲステロン、エストロゲンといった女性ホルモンの分泌が出産を終えると急激に減ってしまって、これに加えてストレスの影響もあり、肌のバリア機能が弱って簡単に乾燥します。

それに、敏感肌になる人も多いようですから、できれば無添加で低刺激の基礎化粧品を使って何よりも保湿を重視したスキンケアを続けましょう。

ビューティーオープナーによる口コミでもホルモンのバランスは出産後半年ほどで元に戻るとされています。