月別アーカイブ: 2019年1月

心の中で鳴り響いています

強い紫外線を浴び続けた夏が終わった頃、秋から冬にかけての時季と季節の変わり目にはお肌の乾燥注意報が心の中で鳴り響いています。
うっかりすると目の周りなどは細かいシワだらけになってしまっているし、乾燥があまりに進み、赤く腫れたようになったこともあります。
この危険な時期、大事なスキンケアは細心の注意を払って行なっているわけですが、化粧水や乳液での基本のケアと、近頃それに加えて美容オイルも以前から興味があったので使うことにしました。
お肌に使うオイルはなるべくならいいものを、と考えていますが手始めにホホバやココナッツを主に使っています。
自分に合った美白化粧品を探すのはなかなか大変です。
シミがある方の場合、まず、シミができた原因や、必要な対策をよく知っておいてください。
化粧品が自分のシミに合っていないと、却ってお肌に過剰な刺激を与えてしまいます。
美容外科で、レーザー治療などの本格的な治療を受けることもできますが、生活習慣を健康的に整えていくことがシミ対策と美白のために、どんな人にも必要なことだと肝に銘じてください。
法令線やカラスの足跡、などと言いますが、顔のシワは本当に困りもの、できれば消してしまいたいものです。
シワの原因は色々ありますが、要するに老化現象の一種であり、また紫外線も大きく影響しています。
紫外線をカットしてシワをできるだけ防ぐために、ちゃんと日焼け止めを塗り、日傘や帽子も使って一年を通して紫外線対策を行い、日焼けしてしまったら、放置しておかず、すぐに肌を冷やしてほてりをとり、化粧水や美容液でしっかり保湿、シミやシワ、肌の乾燥を防ぎましょう。
こういった日々の積み重ねが、アンチエイジングにつながるわけです。
出産を終えても当分の間、女性の身体は長い間に保っていたホルモンバランスが崩壊してしまうので、多種多様なトラブルを経験します。
肌荒れやシワなどといった、肌に現われる異変もよく見られ、かゆみも出て気にしている女性も多くいるようです。
妊娠継続中ずっと続いていたプロゲステロン、エストロゲンといった女性ホルモンの分泌が出産を終えたことで急に減り、その影響で肌は水分を失いやすくなり、容易に乾燥状態になります。
それに、敏感肌になる人も多いようですから、出産後に肌トラブルが続く時期は、無添加、低刺激の基礎化粧品を使ってとにかく保湿を第一に考えたスキンケアに努めましょう。
とはいえ、あまり時間もとれないでしょうから、オールインワンタイプを使うなどの工夫は必要かもしれません。
お肌のくすみを引き起こす要因として、糖分を摂りすぎていないか考えてください。
お菓子でお腹を満たしているとお肌の外側からいくらケアしてもお肌がくすんで、黄ぐすみ状態になることがあるでしょう。
お肌のコラーゲンが糖と結びつき、その働きが弱まっていると考えられます。
コラーゲンが糖に反応し、老化を招く物質に変わることをコラーゲンが糖化したといいます。
お肌だけでなく全身の老化を早めないように、甘いものの摂りすぎは止めてください。
たくさんのシミが肌にあると、実年齢よりも年上に見られてしまうでしょう。
年齢を重ねるにつれて、肌の回復する力が弱まり、日焼けに対して油断ができなくなりますから、肌のケア、特に日焼け対策は怠れません。
日差しを遮るような帽子、または日焼け止めなどで紫外線を防ぐのはもちろん、たくさんビタミンCを含む緑黄色野菜やフルーツといったものを、今までよりももっと摂っていきましょう。
緑茶の茶葉は、カテキン豊富な食材です。
カテキンは、ビタミンCが酸化などで減少することを防ぎ、ビタミンCの作用をいっそう高める働きをしています。
メラニン色素の増加を防ぎ、美白するためにはビタミンCの力は欠かせないので、緑茶でビタミンCとカテキンの両方を摂っていくことで、メラニン色素が沈着し、シミの元になることをかなり抑えることができます。
ビタミンCの美白効果をねらって、スライスしたレモンをお肌にのせてレモン果汁とオイルでパックする方法が以前流行りましたが、これはパックではありません。
かえって逆効果なので、すぐに止めましょう。
レモン果皮の成分を直接肌につけると、紫外線が当たったとき皮膚にダメージを与えます。
シミを改善し、美白する効果をレモンから得たいと思うなら、食べるか、飲んだ方が良いでしょう。
シワがどうしてできるのかというと、原因としてはまず、乾燥の影響が大きいようです。
エアコンの風に当たりっぱなしになったり汗をかき、汗と一緒に肌の保湿成分が失われた時は最大限の注意を払いましょう。
肌の乾燥を防ぎたいのなら、とにかくまめな保湿を心がけることが大切です。
こういう時にスプレータイプの化粧水は便利です。
持ち歩いてこまめにひと吹きすると良く、また、大量の汗をかいた後などは、すみやかに保湿を行いましょう。
色々な人を見て、個人的に実感してることですが、顏のシワがはっきりしてくるのはだいたい38歳くらいかなと思っています。
このくらいの年齢になると、本当に身体の疲れがなかなか取れないことを自覚するようになりますし、クマとかほうれい線あたりの老けてみえるアイテムが顏の中で急激に目立ちはじめたりもします。
38歳になるまでは、一日の終わりに肌がくたびれていても、ちゃんをケアをして睡眠をとれば疲れがとれていたと思います。
でも、38歳を過ぎたら肌がいい状態に戻るのに、フレキュレルを使っていても少し時間がかかるようになり、疲れが残った状態が続いてしまっているのです。